在庫処分をボランティアに繋げる「もったいないボランティアプロジェクト®」

「もったいない」をありがとう

Staff*blog

調理器具

高校時代にホームステイしていたとき、現地の学校で料理の授業をとっていました。
そこでわかったことは、計量カップの大きさが日本と違うということ。
それまでは計量スプーンやカップは世界共通だと勝手に思っていました。
授業では、ほぼ毎回料理し、オーストラリア料理のレシピもたくさん持っていたので、
帰国する時にはレシピと一緒に計量カップやスプーンも持って帰りました。
そんな料理に欠かせない調理器具、もったいないボランティアプロジェクトの倉庫にもたくさんあります。
IMG_0349
仕事が終わって家に帰れば今は家族のごはんを作る私ですが、
大きさや重さ、形、性能など自分に使いやすい調理器具ばかり使ってしまいます。
子供がいなかったときにはよく使った調理器具も、子供が大きくなって作る物が変わったり、
作る量が増えて使わなくなったり、またその逆もあります。
最近はガスからオール電化になって、フライパンやお鍋を買い直すことも多いみたいですね。
まだ使えるのに、使わなくなってしまった…
もしそんな調理器具がありましたら、ぜひもったいないボランティアプロジェクトにご寄付ください。
日本の調理器具は丈夫で質も高いので、きっと海外でもたくさん使ってもらえることでしょう。
まだ使えるのに捨てるのは本当にもったいないと思いませんか。

お引き受けできなくなったもの

残念ながら、現在以下のものはお引き受けできなくなっております。 何卒ご了承ください。
  • 日本人形
  • 雛人形
  • ベッド

もったいないモノお引取り方法は3つ