在庫処分をボランティアに繋げる「もったいないボランティアプロジェクト®」

「もったいない」をありがとう

Staff*blog

よくお問合せいただく質問

よくお問合せいただく質問

大掃除の12月と並び、3月は引っ越しや進学・就職などに伴う片付けによる不用品が多く出る季節ですね。
もったいないボランティアプロジェクトにもたくさんの寄付品が集まっています。
今日はよくお問い合わせをいただく質問について書きたいと思います。

Q1.もったいないボランティアプロジェクトでは何を集めていますか。

A1. 家具、食器、調理器具、おもちゃなどの家庭用品、カバン、靴、夏服、アクセサリーなどの衣料品や
自転車、ランドセル、ベビー用品など
詳しくは、引取可能なモノをご覧ください。

Q2.どのように寄付できますか。

A2. お近くの方はお持ち込みください。
持込先住所:愛知県豊明市西川町島原1-1

遠方の方は宅配にてお送りください。
尚、その際の送料はご負担をお願い致します。
家具など大きな物は、お近くであれば回収に伺いますので、お問い合わせください。

Q3.もったいないボランティアプロジェクトで集めていない物はありますか。

A3. 下記のものは集めていません。

・カーテン、ブラインド
・布団や毛布
・物干し台、物干し竿
・使用済の下着や靴下(個別パッケージに入ったままの未使用品は引き受けております。)
・冬物衣類(薄手の長袖は引き受け可。マフラー・ブーツ・手袋などは受入不可。)
*季節の変わり目で冬物衣料が多く出る頃ですが、暑い国へ届けるため、引き受けることができません。
・ウィンタースポーツ用品
・日本語の本、日本語のかるた等ゲーム
・個人の写真やアルバム(リユースに向かないため。)
・壊れているもの、動作しない物、キズや汚れのひどいもの、パーツがそろっていない物(湯呑の蓋だけなど)、
割れ欠けヒビのある物、テフロンなどの表面加工がひどくはげている物など

お引取りできないモノをご参照ください。

Q4.持ち込んだり送ったりする場合に、事前連絡や登録は必要ですか。

A4. 必要ありませんが、持ち込みの場合は平日の10:00-18:00にお願いします。
土曜・日曜をご希望される方は、(株)リスペクト(1F)で荷受けしております。

Q5.どのように梱包したらいいですか。

A5. 食器など洗える物でほこり等がひどいものは、一度洗っていただけると助かります。
液漏れを防ぐため、おもちゃなどから乾電池を抜いていただくようご協力お願いします。
段ボールや袋等などに入れていただく場合は、ひとりで持ち上げることができる程度の重さにしていただけると助かります。
食器など割れやすいものは、輸送中に壊れないよう、新聞紙や緩衝材、古着等に包んでから、段ボールなどにいれてください。

Q6.持ち込み当日に登録や書類を書いたりしますか。

A6. 寄付品は弊社ウェブサイトにて、イニシャル名と写真付きで掲載させていただきますので、
お名前とご住所(市町村程度)を確認しております。
写真の掲載を望まない場合は、その旨をご連絡ください。
また弊社より受領書などはお渡しできません。

Q7.買い取りしてもらえますか。

A7. 申し訳ございませんが、買取はしておりません。

Q8.引き取ってもらうときに費用が発生しますか。

A8. 引き取りに費用は発生しませんが、エアコンの取り外しなどは別途費用がかかります。

Q9.どこに寄付されるのですか。

A9. 直接寄付する物は年に数回、ミャンマーの複数の孤児院を訪れ、寄付しています。
支援活動をご覧ください。
また直接寄付できない物は、もったいないボランティアプロジェクトの活動に協賛してくださる海外パートナー様に販売し、
その収益をお米などに変え、寄付しています。

ご質問等ございましたら、お気軽にお問合せください。

お引き受けできなくなったもの

残念ながら、現在以下のものはお引き受けできなくなっております。 何卒ご了承ください。
  • 日本人形
  • 雛人形
  • ベッド

もったいないモノお引取り方法は3つ