在庫処分をボランティアに繋げる「もったいないボランティアプロジェクト®」

「もったいない」をありがとう

Staff*blog

不用になった物

まだ新卒で入った会社で働いていたとき、研修がありました。
その研修で、講師の方がこんな話をしていました。
「レンガを積み上げて建物を作る大工さん達に『何をしているの?』と聞くと、ひとりは『レンガを積み上げている』と答えた。
別の大工さんは『美しい教会を作っている』と答えた。
同じ仕事でも見方を変えればまったく違うものになる。
仕事をするとき、ぜひ後者の大工さんのような人になってください。」

今、縁あって、もったいないボランティアプロジェクトで働いています。
メールをチェックしたり、ブログ記事をあげたり、電話に出たり、書類を作ったり…
それらはただ「レンガを積み上げている」だけではなく、小さくはあるものの確実に子供たちの未来につながることです。
食事と勉強する機会が与えられ、子供たちが自立して幸せな人生を歩めるだけの力をつけてほしい。
そしてその幸せの輪がどんどん広がるといい。
今はまだ生まれたてのもったいないボランティアプロジェクトだけど、あと十年後、二十年後…
私の今している仕事が、未来のもったいないボランティアプロジェクトにどうつながるのか、
子供たちはどんな風に大人になっていくのか、「美しい教会を作っている」ようにワクワク想像しながら優しい気持ちで仕事をしています。

そんなもったいないボランティアプロジェクトの倉庫でみつけました。
IMG_0425
すでに輸出準備の整ったおもちゃ。

IMG_0429スポーツ用品、ゴルフ用品や釣り道具も集めています。

IMG_0430スピーカーや楽器も倉庫でみつけました。

IMG_0349お鍋だけでなく、調理器具も集めています。

他にも服、靴、カバン、ベルト、サングラス、アクセサリーなどの衣料品、食器、ベビー用品、雑貨、日用品、家具など…色々な物を集めているので、みなさんのご家庭にも、ご協力していただける物があるかもしれません。
もしご家庭で眠っているものがあれば、もったいないボランティアプロジェクトの活動に、ぜひご協力ください。

お引き受けできなくなったもの

残念ながら、現在以下のものはお引き受けできなくなっております。 何卒ご了承ください。
  • 日本人形
  • 雛人形
  • ベッド

もったいないモノお引取り方法は3つ