在庫処分をボランティアに繋げる「もったいないボランティアプロジェクト®」

「もったいない」をありがとう

Staff*blog

子供の頃は全校集会や式典など、授業以外にも先生の話を聞く機会があると思いますが、
大人のみなさんは、そんな子供の頃に聞いた先生の話を覚えていますか。
ほとんど忘れてしまったけれど、いくつか覚えている話が私にはあります。
そのひとつが雨の形についてで、小学校の校長先生が話してくれた、こんな話です。

雨の絵を描くとき、よく「しずく」の形を描きますが、
実際はしずく形の雨はありません。
雨は小さいときは丸く、ある一定の大きさになると、まんじゅう形になります。
*小学生の頃の記憶なので、内容が正確でなかったら、すみません…

もっと長い話だったはずですし、なぜ校長先生がこの話をしたのか、肝心なところは全く覚えていないのですが、
この話を聞いたとき、自分のイメージする形と本当の形にはズレがあることを子供の私は初めて知り、びっくりしました。
また何も疑問を持たずに「しずく形」だと思っていた、ただの「雨の形」の話が
科学っぽい話になって、わくわくしたのも覚えています。

全校集会や式典はつまらないことも多かったけれど、こうやっていくつかの話はふとしたときに思い出すことがあります。
もったいないボランティアプロジェクトで働くようになって、ただ勉強だけでなく、
先生の話をはじめ、絵、本、音楽といった、人生を楽しく豊かにする教育を受けることができた幸せを今、感じたりします。
そして世界中の子供たちにもそんな教育の機会が与えられ、より豊かな人生になるといいなと思います。

もったいないボランティアプロジェクトではご家庭で使わなくなった様々な不用品を集めています。
大掃除の12月はもう明日から…ぜひご協力ください。
写真はもったいないボランティアプロジェクト倉庫にあった物です。
他にも不用になった様々な家庭用品のご寄付をお待ちしております。
英語の本

お引き受けできなくなったもの

残念ながら、現在以下のものはお引き受けできなくなっております。 何卒ご了承ください。
  • 日本人形
  • 雛人形
  • ベッド

もったいないモノお引取り方法は3つ