在庫処分をボランティアに繋げる「もったいないボランティアプロジェクト®」

「もったいない」をありがとう

Staff*blog

筆記用具とノート

もうずいぶん前ですが、私が大学生だったとき、大学が授業を一般の人向けに公開していたため、
地域のだれでも授業を聴講することができました。
聴講生と呼ばれるその方々は、「学生が見習ってほしいくらいの意欲がある」と授業で先生が口にするほど、
勉強熱心な方が多くいらっしゃいました。
そんな聴講生の方と何度も授業で一緒になり、ときどき話をする機会もありました。
その方は「若い頃に勉強したかったけれど、戦争があって学校に行けなかったから今、勉強している」とおっしゃっていました。
学生だった頃の自分を思い出すと、試験前日に慌てて一夜漬けしていたり、
恥ずかしいですが勉強熱心だったとはとても言えません。
ですが、私が最初に就職した会社は仕事しながら勉強するということが強く求められ、またそれを応援してくれました。
そのおかげで、学生を卒業した私でも勉強を続けていくことができました。
社会人になってからの勉強は机に向かってというだけでなく、学びという形に近いものもたくさんありました。
そして今、もったいないボランティアプロジェクトで働けることになったのは、
そのときの勉強や学びのおかげも大きいと思います。
そういう意味では、勉強が私の人生の一部を変えてくれたことになるのかもしれません。
また勉強や学びは自分の人生を豊かにしてくれるものでもあると思います。
例えば日本語以外の言語が読めることで、日本語を話せない海外の友達を作ったり、
国内では入手しにくい物を、インターネットを通して個人で手に入れることができるかもしれません。
なので、先ほどの聴講生の方のように勉強したいときに、できない環境にあるのは、とても残念なことだと思います。

さて勉強に一番必要な物といえば、筆記用具とノート。
IMG_notebooks
もったいないボランティアプロジェクトから、勉強したいと願う子供たちの元に届き、
未来あふれる子供たちの人生が、勉強によってより豊かになっていくのが、今の仕事での楽しみです。
ぜひ、ご協力ください。

お引き受けできなくなったもの

残念ながら、現在以下のものはお引き受けできなくなっております。 何卒ご了承ください。
  • 日本人形
  • 雛人形
  • ベッド

もったいないモノお引取り方法は3つ