在庫処分をボランティアに繋げる「もったいないボランティアプロジェクト®」

「もったいない」をありがとう

Staff*blog

先週の水曜日の出来事です。
その日の夕方は雨上がりのどんよりとした曇り空でした。
仕事が終わって保育園に子供を迎えに行って、家に帰る途中、
上の子供が遊んでいて側溝の金網部分に持っていた傘を深く入れてしまいました。
傘は側溝の中で少し開いてしまい、金網に引っかかって、引き抜こうとしても抜けなくなってしまいました。
そのままでは傘の柄にだれかが引っかかって転んでしまうので、
抜けないなら、とりあえず入れようとしましたが、それも無理でした。
金網は私の力ではまったく動かず・・・困っていると、会社帰りらしい男性が「大丈夫ですか?」と声をかけてくれました。
そして金網を持ち上げて傘をとってくれました。
金網には土がつまっていて、がっしりしたその男性でさえ動かすのが大変だったのに、
いやな顔ひとつせず「気をつけてね」とにっこり笑って去っていかれました。
そんな優しさに心がじーんと震えました。
いただいたこの優しさを次は別の誰かに、違った形でも返すことができたら…と思います。

さてもったいないボランティアプロジェクトではそんな優しさいっぱいの傘も集めています。
IMG_0039IMG_0037

あなたの優しさをもったいないボランティアプロジェクトにぜひ。

お引き受けできなくなったもの

残念ながら、現在以下のものはお引き受けできなくなっております。 何卒ご了承ください。
  • 日本人形
  • 雛人形
  • ベッド

もったいないモノお引取り方法は3つ