在庫処分をボランティアに繋げる「もったいないボランティアプロジェクト®」

「もったいない」をありがとう

Staff*blog

夏物

暑い毎日が続いていますが、みなさん、体調はいかがでしょうか。
お盆休みは帰省や旅行など、リラックスしたり楽しんだりできたでしょうか。
私はお盆を子供にとっての祖父母の家で過ごしました。
祖父母の家は周りを山と田んぼに囲まれて、一日に数回一両編成の電車が走るのを遠くに見ることのできる、
とても自然豊かな場所です。
朝には霧がおりた景色が広がり、緑が美しく、夏でも涼しさを感じることができます。
虫取りに夢中な子供たちはカエル、トンボ、カマキリ、バッタと一日中、虫探しをして楽しんでいました。

お盆が終わって日常が戻ってくると、毎朝保育園に通う道で、
あんなにもうるさかったクマゼミの鳴き声がいつの間にか小さくなっていたり、
セミに替わってトンボが多く飛ぶようになっていたり、また夜、虫の音が聴こえ始めたり…
まだまだ日中は暑いですが、それでも少しずつ季節の移ろいを感じます。

2017年もあと4か月程しかないことに気が付き、あっという間に時間が過ぎてしまうことに焦りさえ感じてしまう私ですが、
夏が本当に終わってしまう前に、たくさん夏を楽しもうと改めて思いました。
そんな夏グッズをもったいないボランティアプロジェクトでも集めています。
夏が終わる頃、夏物を片付けるとき、「もう使わない」「もういらない」けれど「まだ使えるもったいない」物がありましたら、
ぜひご協力をお願いします。

サングラス、夏服、帽子、浮き輪、ビーチボール、サーフィンなどウォータースポーツ用品、うちわや扇子などを集めています。
*蚊取り線香や香取りマット類は申し訳ありませんが、引き受けできません。

お引き受けできなくなったもの

残念ながら、現在以下のものはお引き受けできなくなっております。 何卒ご了承ください。
  • 日本人形
  • 雛人形
  • ベッド

もったいないモノお引取り方法は3つ