在庫処分をボランティアに繋げる「もったいないボランティアプロジェクト®」

「もったいない」をありがとう

Myanmar*News

出張回収について

出張回収受付エリア
出張回収は、中部国際流通センター(愛知県豊明市)のみ承っております。
※弊社から直線距離でおおよそ半径50kmくらいまで回収実績がございます。
※参考:回収可能エリアマップ
出張回収は予約制
出張回収は全て予約制となっております
お電話またはお問合せフォームからお問合せ下さい。
出張回収費用について
回収費用は頂いておりませんが、寄付としてお受けできないものは持ち帰ることができません。
廃棄処分の代行も承っておりません。

お客様先で拝見し、お引取りをお断りすることもございます。予めご了承ください。

ミャンマーにおける携帯のキャリア

ミャンマーにおける携帯のキャリア

以前は政府が所有するMPTキャリアのみありましたミャンマーでは2014年後半から携帯のキャリアが3社(MPT, Telenor, Ooredoo)に増え、SIMカードが1,500 チャット(約150円)で購入できるようになりました。SIMカードを買うのにかかる費用ですが、5年ほど前は5万円程度かかりましたが、この2年間で政府と制度の変更で150円まで急激に下がりました。

SIMカードの値段と利用料が激安になったことにより、
携帯機の販売店と修理店が増えました。
携帯機については日本と異なって一括で購入しないといけないです。

ですが、最近では月額で銀行を通して購入できるようになりました。
ミャンマーで一般の人に一番使われている携帯機の種類は中国製である HUAWEI 携帯機です。
 


現在、キャリア各社の料金は通話が1分につき20ks(2円) ~25ks(2.5円)、
SMSは1本15ks(1.5円) ~ 25ks(2.5円)であり、データ通信(インターネット)の料金は1MBにつき1ks(0.1円)~8ks(0.8円)程度となっています。
インターネットの利用代もそれほど高額ではないので、スマートフォンによるインターネットを介して、ソーシャルメディアなどを普段から利用するようになりました。

※ Photo Credit: MPT and Tenenor officlal website

お引き受けできなくなったもの

残念ながら、現在以下のものはお引き受けできなくなっております。 何卒ご了承ください。
  • 日本人形
  • 雛人形
  • ベッド

もったいないモノお引取り方法は3つ