在庫処分をボランティアに繋げる「もったいないボランティアプロジェクト®」

「もったいない」をありがとう

Myanmar*News

ミャンマー屋台:豚の内臓串屋台

ミャンマー屋台:豚の内臓串屋台

ヤンゴン市内を回ると豚の各種内臓を串にさして大きな鍋に入れ、好きな串を選んで食べられる屋台がよく見られます。豚の内臓串をミャンマー語では「ワッタードゥトー」と呼びます。「ワッター」はミャンマー語で豚という意味で、串に刺したことを「ドゥトー」と呼びます。

豚内臓の味は家庭で作る味とは違って、なかなか美味しいので、一本食べたら止められないでついつい食べてしまうことが多いです。

内臓串をタレと特別に作る唐辛子ソースにつけて食べます。豚内臓の好きな部分を選んで店の人にスライスしてもらうこともできます。

値段は1本50MMK(約5円)~100MMK(約10円)で、ちゃんとしたお店で出す内臓串の値段は2倍ぐらい高いです。

日本では内臓などを食べる習慣があまりないので、内臓串を食べるのは怖いかもしれないです。でも、食べてみたいと思うときには、お腹を壊す恐れがある屋台より外国人向けのお店がお勧めですね。

お引き受けできなくなったもの

残念ながら、現在以下のものはお引き受けできなくなっております。 何卒ご了承ください。
  • 日本人形
  • 雛人形
  • ベッド

もったいないモノお引取り方法は3つ