在庫処分をボランティアに繋げる「もったいないボランティアプロジェクト®」

「もったいない」をありがとう

Staff*blog

私は車の運転が苦手です。
車自体が嫌いなわけではなく、F1を観に行ったこともありますし、ドライブも助手席限定ですが好きです。
ただ運転はとにかく苦手です。

そんな私の移動手段は「歩く」です。
「子供が生まれると車使いたくなるよ」と言われながら、晴れた日はベビーカーを押して、
雨の日は子供を抱っこ紐に入れて傘をさして歩きました。
幸い上の子供は歩くのが大好きだったので、歩けるようになっても困りませんでした。
そして「二人目が生まれたら車使わないとやっていけないよ」と言われながら、早くも3年。
結局主な移動手段は歩きのまま、今は子供と3人で、毎日の保育園へも歩いています。
そんな歩くのに必要な靴。
誰にとっても欠かせない生活アイテムですが、たくさん歩く私にとっては相棒といってもいいかもしれません。

もったいないボランティアプロジェクトでも靴を集めています。
破れるまで履くのが一番なのかもしれませんが、
サイズアウトしたり、実際履いてみると、合わなかったり…服以上にサイズ選びが難しい靴。
まだ履けるけど、履けない、履かない靴がありましたら、ぜひご協力ください。
もったいないボランティアプロジェクトではリユース目的で、靴以外にも、
まだ使える不用品を集め、海外に送り、子供たちの支援につなげています。

倉庫でみつけた靴。
長靴、サンダルも引き受けています。
草履・下駄・ブーツは需要がないため、申し訳ありませんが、お断りしています。

お引き受けできなくなったもの

残念ながら、現在以下のものはお引き受けできなくなっております。 何卒ご了承ください。
  • 日本人形
  • 雛人形
  • ベッド

もったいないモノお引取り方法は3つ