在庫処分をボランティアに繋げる「もったいないボランティアプロジェクト®」

「もったいない」をありがとう

MVP*News

一般社団法人もったいないボランティアプロジェクト

2016年2月1日
一般社団法人もったいないボランティアプロジェクト
Motteinai Volunteer Project (M.V.P.)
設立いたしました。

物で溢れている日本国内。
壊れていないのに使わないからと捨ててしまう物もたくさんあるかもしれません。
また店舗には余剰在庫となって眠っている物があるかもしれません。

捨てるなんて「もったいない」。
眠らせておくなんて「もったいない」。

「もったいない」の心には
→Reduce[ ゴミ削減 ]
→Rsuse[ 再利用 ]
→Recycle[ 再資源化 ]
→Repair [ 修理する ]
→Respect[ 敬意を払う ]
という5つの意味が詰まっている、とても大切な言葉だと聞いたことがあります。

弊社は、その「もったいない」という心を大切にし、「モノ」に新たな命を吹き込み、再活躍させたいと考えています。

そしてその「モノ」を再活躍させることで、世界中の恵まれない子供たちの教育支援に繋げていきたいと考え、法人を設立しました。

どのように支援に繋げていくのか、今後の活動については、順次公開してまいりたいと思います。

お引き受けできなくなったもの

残念ながら、現在以下のものはお引き受けできなくなっております。 何卒ご了承ください。
  • 日本人形、雛人形
  • ベッド、学習机、生活家電
  • ベビーゲート
  • 衣装ケース、カラーボックスなどの組立合板家具
  • 額縁(完成させたジグソーパズルが入った額も含む)、カレンダー
  • 重箱
  • プリンター、マウス、キーボード

もったいないモノお引取り方法は3つ