在庫処分をボランティアに繋げる「もったいないボランティアプロジェクト®」

「もったいない」をありがとう

hana*blog

孤児院でのできごと。

img_2731私がハグしている子。
これは今年の1月にミャンマーの孤児院を訪れた際の写真です。
訪問を予定していた3つの孤児院のうち、一番最後に訪問した孤児院。

私がハグしているのは、撮影する直前、私にくっついてきた子です。
一緒に写真を撮った後、私にミャンマー語で何か言ってる・・・

うちのスタッフが通訳してくれたのは
「どこにも行かないで」
という言葉でした。

えっ・・・。
涙が溢れそうになりましたが、この子の顔を見て一生懸命スマイルしたら、私の頬にキスしてくれました…

この直前まで私は、案内してくれたガイドさんから
「子供たちに会えてHappyでしょ?」
と何度も聞かれ
「はい!とてもうれしい。幸せです。」
と笑顔で答えていたのです。

でも
「どこにも行かないで」
という言葉を聞いたその時。
とても感動的な瞬間であったと共に、その言葉の重さを感じ、涙が止まらなくなってしまいました。

涙を止めようと思ってもなかなか止まらなくて、建物の外で、子供たちに見えないように泣き続けました。
ガイドさんも同行したスタッフも、静かに見守ってくれました。

「どこにも行かないで」
この子たちの心の寂しさを感じたのはもちろんなのですが、私はこの一言に、
「自分の娘たちもそう思っていたのではないか?」
「でも言えなくて我慢してきたのではないか?」
という思いを重ねてしまったのです。

私は、母子家庭で娘二人を育ててきました。
子供たちの事を考え、鍵っ子にはしたくないと思い、27歳で田舎に転居し親と同居しながら育ててきました。
「子供たちを養うためという理由で仕事に明け暮れる日々、娘たちのことをちゃんと見てあげてなかったかもしれない。」
ずっとそんな思いを心の片隅にもちつつ、
「でもおじいちゃん、おばあちゃんがフォローしてくれているから大丈夫。」
「仕事をして稼がないと暮らしていけないことは、子供たちもわかってくれるから大丈夫。」
そんな風に自分都合で考え、子供たちの思いに蓋をしていたような・・・。
孤児院でのこの出来事で一気に蓋が開き、私は娘たちにどれだけ寂しい思いをさせたのだろう?と・・・

ミャンマーの孤児院には、生まれてすぐに捨てられてしまった子供たちがいます。
両親はいるけど、貧しくて育ててもらえず、お寺に預けられた子もいます。
たくさんの子供たちとの共同生活の中で、助け合いながら生きている子供たち。
お父さん・お母さん代わりの僧侶、お兄さん・お姉さん代わりのスタッフに見守られ、暮らしています。

本当の親の温もりは知らないかもしれない。
でも命ある限り、この子たちにもそれぞれの未来がある。
私の娘たちと同じように、夢を持ち、やりたいことを探して、一生懸命生きたいと思っているはず。
これからも逞しく、優しい心と共に成長していってほしいと願わずにはいられません。

未来あるこの子たちのためにできること。
この子たちが生きて抜いていくためにできること。
たくさん、たくさんあります。ホントに。

「ご家庭で不要となったモノ」を宅配便や直接持込みで届けて下さった皆様。
「余剰在庫、ちょっとの汚れで検品NG品」を寄付頂いた企業の皆様。
「店頭でお客様からお預かりしたモノ」を届けて下さるMVPパートナー企業様。

沢山の方々から、ご協力を頂けるようになってまいりました。
本当にありがとうございます!

14449868_564473803739934_192552125761511973_n皆様から寄付頂いたモノは、子供たちに届ける物、そうでないものに仕分けします。
子供たちに直接必要ないものは、海外のリユースショップに販売します。
海外のバイヤーさんも、もったいないボランティアプロジェクトに賛同し、商品を買って下さっています。
その収益の一部で子供たちが食べるお米やお菓子を買い、直接届けています。

海外のバイヤーさんに繋げてくれるエコ・アースドットコムでは、ミャンマーの大学を出て、日本の専門学校や大学を出た優秀なスタッフが、毎日一生懸命働いています。
彼らは自分の仕事が母国に繋がっていることを理解し、誇りを持って働いています。

今日現在:日本通貨1円はミャンマー通貨で約12チャット。
10円が120チャットになり、100円が1,200チャットになります。
日本では少ない額でも、ミャンマーの通貨に換わればできることが増えると感じています。
今後は孤児院の増改築に充てたり、もったいないボランティアプロジェクトの図書館を建てるのが目標です。

この活動に様々な立場で関わって下さる皆様のご縁がたくさん繋がって、今に至ることに心から感謝しております。

もったいないボランティアプロジェクトの活動はまだまだ微力ですが、子供たちに少しでも笑顔が戻るように。
子供たちの未来に夢が繋がるように。

お母さん頑張らなあかん☆

お引き受けできなくなったもの

残念ながら、現在以下のものはお引き受けできなくなっております。 何卒ご了承ください。
  • 日本人形
  • 雛人形
  • ベッド

もったいないモノお引取り方法は3つ