海外の活動

ミャンマーの孤児院​への支援

私たちの願いは、子供たちが3食おなかいっぱい食べられるように。毎食おかずがつくように。そして、将来は教育支援を行うことが私たちの目標です。
私たちの支援が子供たちの笑顔に繋がりますように。

2016年から寄付を始めたミャンマーの孤児院。
孤児院内にある校舎は、活動当初、全体の60%が未完成でしたが、2018年7月25日、皆様のおかげで残りの建設費を寄付することができ、校舎が完成いたしました。

概要

もったいないボランティアプロジェクトに集まってきた寄付品は、就労支援施設様や契約企業様に仕分けや梱包をして頂いたのち、国内の輸出業者さんを通じて海外のリユースショップさんへ販売されます。
そうして得た収益の一部を寄付金として、文房具や食料品などとともに直接ミャンマーの孤児院へお届けしています。

もったいないBOX1箱分(約5kg)を輸出販売することで、平均10円の寄付ができています。
これは、私たちが寄付活動を行っている、ミャンマーの孤児院で暮らす子どもの食事1食分にあたります。
現在、子どもたちの食事は1日2食。
私たちが支援を行うことで、子供たちが3食おなかいっぱい食べられるように。
毎食おかずがつくように。
そして、将来は教育支援を行うことが私たちの目標です。

もったいないボランティアプロジェクトでは、現在、ミャンマーの孤児院への支援活動を行っています。
年に数回ミャンマーにある複数の孤児院に訪問し、寄付金、文房具やお菓子などを直接お届けしています。